2010年06月08日

「宇宙力を味方にして成功・幸福を引き寄せる」矢口紀義 著

この本の著者の方と偶然twitterでつながることができました。


おもしろいことなのですが、
アマゾンでほかの本を購入していた時に、
類似のジャンルのお勧め書籍リストにこの本が載っていたのをみて、
興味深いなと感じたのでワンクリック注文した直後の出来事でした。


twitterでtweetやメッセージのやり取りを通じて、
おおらかで懐の広い、若者たちを暖かく見守ってくれるまなざしを感じました。


この本の内容は、
引き寄せの法則や潜在意識の仕組みについて懇切丁寧に
わかりやすく解説しているものですが、
わたしが一番感銘を受けた個所をご紹介することにします。



わたしの故郷である山形出身の小説家、
藤沢周平氏の成功の陰にあったもののことについてです。


藤沢氏の最初の妻は、娘さんを生んだ直後に亡くなられたそうです。


藤沢氏はその後まもなく再婚したそうですが、
再婚の理由が、娘さんのためだったそうです。


乳飲み子の父親ですから、当然藤沢氏も若い男性だった時代でしょう。


そのまだまだ若い男性である自分のために伴侶を選んだというより、
「この子には母親が必要だ。」と、
娘さんのよき母親となってくれる女性を探したということです。


女の子が健全に育っていくためには、
そのモデルとなってくれる母親は必要ですから。


ところが、その女性が素晴らしい方で、
娘さんのためにはもちろん、
再婚後本格的に小説を書き出した藤沢氏本人にとっても、
またとない伴侶・秘書役になったとのことです。


注目されるのは、身体が弱く暗い気分に襲われがちな彼が、
あれだけ多くの名作をかけたのは、
平凡に見えるが明るい二人の女性がそばにいたためではないか、
ということであると、
本書の著者である矢口氏は指摘しています。


この視点は、男性の才能を引き出し育てる女性、
“あげまん”の研究をしているわたしも、大いに賛同します。


大英帝国が誇る知的巨人トーマス・カーライルの成功の陰の、
ジェーン夫人の存在について、
かつてわたしがエッセイを書いたとおりです。

→ http://solar-lunar.livedoor.biz/archives/733982.html



著者・矢口氏の言葉です。


「藤沢周平の本質にある善良な人間性と娘さんへの良かれと思う気持ちが、
素晴らしい妻を引き寄せたのではないでしょうか。
娘と妻の二人こそが、
藤沢周平の小説を生んだ原動力だったと思います。」



女性のみなさん。

あなたの最愛の男性の天才性を引き出す、
“あげまん”になってみたくありませんか?



男性のみなさん。

あなたを信じきり、
あなたご自身ですら気づかなかった才能を引き出してくれる、
そんな“あげまん”を引き寄せてみたくありませんか?





宇宙力を味方にして成功・幸福を引き寄せる

宇宙力を味方にして成功・幸福を引き寄せる

  • 作者: 矢口 紀義
  • 出版社/メーカー: セルバ出版
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: 単行本







posted by このはなさくや at 10:35| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

「未来は、えらべる!」バシャール×本田健(ダリル・アンカ)

わたしの大好きな本田健さんとバシャールの対談本。


この本を通して、いくつもの興味深くかつこころうたれる発見があったのだが、
全部書くときりがなくなるので、
ふたつだけ書くことにしよう。



@信念体系は重なり合っているということ。


「自分が体験する現実は、自分の信念体系が作っている。」

ということは、この手の本を読む人ならだれでも、
すでに耳にタコができるくらい聞いて知っていると思う。

その次に来るのが、これはわたし自身がきょうまで握りしめていたものなのだが...

「でも、その信念体系を手放すのは難しい。だから結果として自分は変われない。」
という新たに目の前につきつけられる現実。

しかしこれもまたもう一つの信念体系なのだということ。

つまり、古い信念体系を手放すのは難しいという信念体系を持っているからこそ、
わかっちゃいるけどなかなか変われないという現実を作り出しているのだということ。


これは大きな発見だったし、
セラピストとしてのわたし自身も、
この「信念体系を変えるのは難しい」という信念体系を癒やし、
「変わるのなんかカンタン!」という信念体系にシフトして、
望む現実を作り出していくための、
新たな活動を展開していこうと決めた次第である。



Aソウルメイト・パートナーシップについて

わたしたち人間が体験する、お金、パートナーシップ、健康に関する
問題の根っこはすべて同じで、
「怖れ」であるということ。

そして、パートナーシップのテーマについて、
ふだんからわたし自身が考え提唱しているそのものドンズバのことを
バシャールは言ってのけてくれた。

「パートナーがいない自分には価値がない。自分には何かかけているんだ。」
と思ってパートナーを探すと、
たとえパートナーができたとしても、
その「欠けている」とか「価値がない」という感覚を反映するような
そんな相手をひきつけてしまうということ。

また、スピリチュアルなレベルから見て、
今回の人生ではシングルでずっと過ごすように決めて生まれてきている人でも、
本人がこころからパートナーがほしいと思ったら、
その計画を修正することは可能であるということ。

ただし、「なぜ修正したいか」をクリアに見る必要はあるが、ということ。

結論として、パートナーを得ることを最終目的にしてしまうのではなく、
本当の自分とつながって情熱を行動に移していれば、
その結果としてパートナーと自然に出会うという現実を作り出せるということ。



これはわたしの個人セッションやワークショップにいらっしゃる、
多くの男女への福音となる知らせであると思う。



冗談抜きでこのテーマに関しては、
わたし自身のライフワークでもある
男女関係・パートナーシップの癒しのための心理学の分野でも、
量・質ともにさらにパワーアップした活動を展開していくことで、
今回出会った、本田健さんとの対談本というかたちでわたしにとどけられた、
バシャールからのメッセージに応えていこうと決めた。


そしてそれはとりもなおさす、
この本の最後にいみじみくもバシャールが言っていた、
バシャールとの対談が、
実はバシャールを通じての自分自身のハイアーセルフとの対談であり、
その対談を本という形を通じて受け取っている、
わたし自身のハイアーセルフからのコーリングに応えていくことに
ほかならないことなのである。





未来は、えらべる! バシャール 本田健

未来は、えらべる! バシャール 本田健

  • 作者: 本田 健
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





【真実の愛を引き寄せるための
メールセミナー“True Love”】


◎ご登録はバナーをクリック♪
(無料・女性限定)

true_love




posted by このはなさくや at 07:53| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
このはなさくやHP
このはなさくやのメインサイトです。
このはなさくや
・日本のフラワーエッセンス“マウントフジフラワーエッセンス” ・レイキ・恋愛カウンセリング
カテゴリ
日記(0)
書籍(30)
化粧品(0)
グッズ(0)
CD(2)
e-book(4)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。